カジノに登場し、一世を風靡したギャンブルマシンですが、最初のスロットマシンはバーに置かれたことをご存知ですか?最初のギャンブルマシンはアメリカで製作れたのですが、置き場所があまりない中、メーカーはバーに売ることが一番利益の出る方法だと考えたのです。バーも最初はギャンブルマシンを置くことに躊躇いがありましたが、そのうちレンタルを受け付けるようになりました。意外なことに、最初のスロットマシンはお客さんから大評判となり、多くのバーが最終的にマシンを購入しました。世の中の技術が向上し、ギャンブルマシンは様々な点で改良されました。

スタイル、テーマなどのデザインが良くなり、音楽が加わり、今まで以上に多くの人々を魅了しました。当時、スロットマシンはそのレバーとお金をたくさん使ってしまうことから、片腕の盗賊というニックネームがついていました。

残念なことに世界中のパブでフルーツマシンを見かけることはもうありません。アーケードマシン、テーブルゲームマシン、オッズベッティングターミナルのみが置かれています。その理由は、パブがスロットマシンを購入しても利益が出ないからです。パブやバーにとっての一番の問題は、スロットマシンを持つことで複雑な法的手続きをしなければならないことです。Gambling Commissionが発する厳しい規定があり、すべてのパブやバーはこれに従わなければ罰金を科されます。その中の規定には、パブは敷地内でアルコールの販売が許可されている時間帯にのみ、人々がギャンブルをする許可があると述べています。

未成年の市民がギャンブルをすることを防ぐために監督者がいる必要があります。このように様々な規制があることが要因となり、ギャンブルマシンを置いているバーやパブは少なくなっています。

もしマシンを置いているパブやバーを見つけたらぜひゲームを試してみてください。パブでのギャンブルは、カジノとはまた違った雰囲気があります。全体的にリラックスした雰囲気があり、パブはカジノよりも安いので、ギャンブルにあまり予算をかけられない人にはうってつけです。パブやバーは、ギャンブルを楽しむための秘密の場所で人気があります。家から遠くのカジノへ行く必要はなく、高価なリゾートでの宿泊代を払う必要もなく、毎日ゲームをすることができます。

しかし、この楽しい一時が多くの人をギャンブル中毒にさせています。ギャンブル依存症は、メンタルヘルス支援施設で扱われる最大の依存症の1つになりつつあります。各国の政府は、人々がギャンブルで人生の貯金をすべて使ってしまうのを防ぐために、プレイヤーが一定額以上賭けることを禁止する法律を設けています。多くの国で存在する法律として、バーには2台以上のスロットマシンを置くことが許されていないので、長時間順番待ちをしなければならないこともあります。もしこのような経験がありましたら、ぜひコメント欄にてお知らせください。